イス(スローン/Throne)の高さ調節

楽器

ドラムイス(スローン)

このブログはこれからドラムを始める方ドラムを始めたばかりの方

ドラムセットを目の前にして「どうしていいかわからないよー!」だれか助けてー!」なんて思っちゃった人のためにあります。

 あまり神経質になる必要はなく置いてあるそのままを叩けばそれで構わないんですが、

 「なんか違うような気がする」「ほんとうにこんなんでいいのかなぁ?」

 って思ってしまった方のために簡単に楽器のお話をさせていただきます。

今回は「ドラムイスの調節の仕方」です。

スタジオに入ってドラムセットの前に座ってまず初めにしなければいけないことは何でしょう?それはイスの高さ調節です。ドラマーにとってイスの高さはすごく重要なのです。

ドラムイスの高さを調節する

イスの高さの調節の仕方の違いで分けるとイスの種類には大き分けて2種類あります。「回転調節方式」「上下スライド調節方式」です。

ちなみにですが、ドラムのイスのとこを「スローン」と言います。

 回転調節方式のイス の高さ調節方法

まず最初に回転調節方式のドラムイスの高さ調整の仕方です

回転調節方式のドラムイス

ネジが3つ見えます。

1 .座部(お尻をおいて座るところ)の真下

2. 軸棒の真ん中

3. そして軸棒の1番下のところ

の3カ所です。 

高さ調節の仕方

1. まず最初に1番上のネジをしめます。

2. 真ん中のネジをゆるめます。

3. 座部を回して高さ調節をします。

  時計周りに回すと低くなり、その逆に回すと高くなります。

 イスをかなり高くしました↓

 イスを一番低くしました↓

うまくいきましたか?

1番上のねじがゆるんでいると座部が空回りしてうまく調節ができませんので、

1番上のネジはしっかりとしめておきましょう。

1番下のネジは高さ調節とは関係ありませんが、ここがゆるんでいるとイスがグラグラして安定しませんので、ここもしっかりしめておきましょう。

高さ調節が終わったら必ずゆるめたネジをしめておきます。

動画にもしておきました!

 イスの高さ調節の動画

スライド調節式のイスの高さ調節方法

2つめはスライド式のイスです。

スライド調節式ドラムイス

ネジが2つ見えます。そして真ん中にストッパーが付いていますね。

ネジだけでは座って体重がかかった時に耐えられないのでストッパーが付いているのです。

よく見るとこのストッパーにもネジのようなものが付いています。

ボルト

これはドラムの各パーツにも使う共通のドラム用のネジです、ボルトといいます。このボルトをしめたりゆるめたりするために「ドラムキー」というものが必要です。

ドラムキー

この「ドラムキー」は練習スタジオで貸してくれますので、もし必要なら受付に行って借りましょう。

「ドラムキー」はこれからいろいろな場面で必要になってきますので1つ持っていると便利かもしれませんが、必要な時には練習スタジオで貸してくれるので

今のところは特に持っていなくても大丈夫です。

もし買ってみようという方は、楽器屋さんかネットで

¥400¥700くらいで売っていますので調べてみてください。

スライド式ドラムイスの高さ調節方法

1.   2つのネジのうち真ん中のネジを緩めます。

2.  次にストッパーのボルトをドラムキーでゆるめます。

  中軸の棒が自由に動くようになったと思いますので、高さを調節します。

3. 調節ができたら真ん中のネジをしめます。

4. ストッパーのボルトをドラムキーでしめます。

以上で高さ調節は終了です。

1番上のネジもゆるんでいたらしめましょう。

ゆるんでいるとグラグラして安定しませんので。

うまくできましたか?

なお、練習スタジオに置いてあるイス(スローン)はほとんどが回転調節方式のものです。

「スタジオに入って楽器のことで困ったらはこちらを参考にしてください!

それぞれのパーツについての簡単な調節の仕方を紹介しています

標準的なイスの高さ

ベースドラムペダルの調節

中タム

小タム

フロアタム

ハイハット・スタンド

ハイハット開き具合

ハイハットシンバルの高さ

ハイハットペダルのテンション

スネアドラム

スネアドラム・スタンド

シンバル

最後まで読んでいただいてありがとうございました。 

次回は標準的なイスの高さです。

 次回をどうぞお楽しみに!