ハイハットシンバルの高さ

ハイハット 楽器

ハイハットシンバル

このブログはこれからドラムを始める方ドラムを始めたばかりの方

ドラムセットを目の前にして「どうしていいかわからないよー!」だれか助けてー!」なんて思っちゃった人のためにあります。

 あまり神経質になる必要はなく置いてあるそのままを叩けばそれで構わないんですが、

 「なんか違うような気がする」「ほんとうにこんなんでいいのかなぁ?」

 って思ってしまった方のために簡単に楽器のお話をさせていただきます。

今回は「ハイハットシンバルの高さの調節の仕方」です。

これがハイハットシンバルとハイハットスタンドです ↓

ハイハット
ハイハットシンバル&ハイハットスタンド

ハイハットスタンドの調節はちょっと複雑です。初めての方には戸惑うことがたくさんあるかもしれません。

ハイハットの調整の仕方について3回に分けて紹介します。
そして今回は2回目「ハイハットシンバルの高さ調節」です。

1回目はこちら ↓

3回目はこちら↓

今回はハイハットスタンドの高さの調節です。

ハイハットスタンドの高さの調節

ハイハットシンバルは2枚のシンバルが合わさっています。

シンバルには中心に穴が開いていて、心棒がその穴を貫通しています。

ハイハットスタンド心棒
ハイハットスタンド 心棒

下側のシンバルはお皿のような受け皿の上に乗っかっているだけで固定されていません。

触るとぐらんぐらんと簡単に動きます。

ハイハットシンバル 下側
下から見たハイハットシンバル

上側のシンバルは心棒クラッチというパーツでネジをしめて固定してあります。

クラッチとはこれです

クラッチ
クラッチ

ハイハットの高さを調節する為に、もしあなたの目の前のハイハットシンバルが、下の写真のよう開いていたら固定しているクラッチのネジをゆるめます。

開いているハイハットシンバル
開いているハイハットシンバル

すると上側のシンバルと下側のシンバルがひっついた状態になります

触るとどちらもぐらんぐらんと動きます↓

閉じているハイハットシンバル
閉じているハイハットシンバル

この状態でハイハットシンバルの高さを調節します。

ハイハットシンバルの高さを調節

シンバルの高さはスタンド真ん中あたりにあるネジで調整します。

高さ調節ネジ

まず先に真ん中のネジのすぐ上にあるストッパーボルト(四角形のネジ)をゆるめます。

ストッパーとはこれです ↓

ストッパー

このボルトをゆるめるのには”ドラムキー”が必要です。
  これです ↓

ドラムキー
ドラムキー

ドラムキーはもし必要なら練習スタジオの受け付けで貸してくれますよ。

このドラムキーはいろんな場面で必要になりますので1つ持っていると便利かもしれませんね。

ストッパーボルトをゆるめたら、その下にある本体のネジをゆるめます。

これです ↓

高さ調節ネジ

これでスタンドの内側の筒と外側の筒がスライドして高さを自由に変えることが出来ます。
どうですか?

出来ましたか?

ちょうどいい高さのところに調節出来たら本体のネジをしめます。

本体のネジをしめたらストッパーのボルトもしめておきましょう!

これでハイハットシンバルの高さの調節は終わりです。

ハイハットシンバル ちょうどいい高さ

ハイハットスタンドの高さは人それぞれ好みですが、あまり高すぎてもあまり低すぎてもよくありません。

おすすめの高さは、だいたい座った時の自分のお腹のみぞおちあたりの高さを基準にするといいと思います。

どうですか?

ハイハットスタンドの高さの調節はうまく出来ましたか?

文章じゃちょっとわかりにくなぁ、と思った方の為に動画も作ってみました。

参考にしてみてください!

次回は「ハイハットシンバルのペダルのテンション調節の仕方」です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回をどうぞお楽しみに!