タムタムTom Tom(小タム)の調整

楽器

「小タム」の調節の仕方

このブログはこれからドラムを始める方ドラムを始めたばかりの方

ドラムセットを目の前にして「どうしていいかわからないよー!」だれか助けてー!」なんて思っちゃった人のためにあります。

 あまり神経質になる必要はなく置いてあるそのままを叩けばそれで構わないんですが、

 「なんか違うような気がする」「ほんとうにこんなんでいいのかなぁ?」

 って思ってしまった方のために簡単に楽器のお話をさせていただきます。

今回は「小タムの調節の仕方」です。

↓「小タム」とはこの左側のタムタムです

中タムの調節の仕方」の記事でもお話ししましたが、ベースドラムとタムをつないでいるアタッチメントを「タムホルダー」といいます。

タムフォルダー

小タムの調節

上のタムホルダーの写真を見て下さい。

ネジが3つ見えますでしょうか?

1.  1番下のネジでタムの高さを調節します。

2.   真ん中のネジでタムの角度を調節します。

3.   1番上のネジで自分とタムタムとの距離を調節します。

このようにタムホルダーの高さと角度と自分との距離を調節します。

前回中タムを調節していますので「小タム」はそれに高さと角度を合わせます。

左 – 小タム、 右 – 中タム

こんな感じです ↑

こちらの記事に中タムの調節の仕方の動画もありますので参考にしてください!

「小タム」がうまく調節出来ましたか?

これで「小タム」の調節の仕方を終わります。

これで

1. イスの高さ調節

2. ベースドラムのペダルの調節

3. 「中タム」の高さと角度の調節

そして今回「小タム」の高さと角度の調節でした。

次回の記事ではフロアタムの調節の仕方をお話します。

最後まで読んでくださってありがとうございました。