ハイハットペダルのテンション

楽器

ハイハットペダル

このブログはこれからドラムを始める方ドラムを始めたばかりの方

ドラムセットを目の前にして「どうしていいかわからないよー!」だれか助けてー!」なんて思っちゃった人のためにあります。

 あまり神経質になる必要はなく置いてあるそのままを叩けばそれで構わないんですが、

 「なんか違うような気がする」「ほんとうにこんなんでいいのかなぁ?」

 って思ってしまった方のために簡単に楽器のお話をさせていただきます。

今回は「ハイハットペダルの強さの調節の仕方」です

これがハイハットスタンドです ↓

ハイハットシンバル&ハイハットスタンド

ハイハットスタンドの調節はちょっと複雑です。初めての方には戸惑うことがたくさんあるかもしれません。

ハイハットの調整の仕方について3回に分けて紹介します。
そして今回は3回目「ハイハットシンバルのスプリングの強さの調節」です。

1回目はこちら ↓

2回目はこちら↓

今回3回目はハイハットペダルの強さ(テンション)の調節です。

楽器のメーカーや機種によってかなり調節の仕方が違うのですが、今回は「ヤマハ楽器」というメーカーのペダルで説明します。

ペダルの強さはペダルのすぐ上にあるバネ(スプリング)で調節します。

スプリング(バネ)

ペダルのすぐ上にバネが見えますね。

そのバネが伸びるとペダルがきつくなります。

バネが縮むとペダルはゆるくなります。

バネの端に頭が四角い形をしたボルトがあります。そのボルトでバネの張り具合を調節します。

ボルトをしめたりゆるめたりするのにドラムキーを使います。

ドラムキーとはこれです↓

ドラムキー
ドラムキー

ハイハットペダルのテンションの調節

1.  まずバネについているボルトをドラムキーでゆるめます。
バネが自由に調節できるようになります。

2.   ちょうどいい張り具合になったところでボルトをしめます。

これでペダルの強さの調節は終わりです。

どうですか?うまく調節出来ましたか?

文章だけではわかりにくいなぁ、という方のために動画を撮ってみました。
参考にしてください!

 次回はスネアドラムの調節の仕方です。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回をどうぞお楽しみに!