ハイハットの開き具合

ハイハット 楽器

初めてのハイハットシンバル

このブログはこれからドラムを始める方ドラムを始めたばかりの方

ドラムセットを目の前にして「どうしていいかわからないよー!」だれか助けてー!」なんて思っちゃった人のためにあります。

 あまり神経質になる必要はなく置いてあるそのままを叩けばそれで構わないんですが、

 「なんか違うような気がする」「ほんとうにこんなんでいいのかなぁ?」

 って思ってしまった方のために簡単に楽器のお話をさせていただきます。

ハイハットの調整の仕方について3回に分けて紹介します。
そして今回は1回目「ハイハットシンバルの開き具合」です。

2回目はこちら ↓

3回目はこちら↓

ハイハットスタンド

これがハイハットスタンドです ↓

ハイハットシンバルとスタンド

ハイハットスタンドの調節はちょっと複雑です。初めての方には戸惑うことがたくさんあるかもしれません。

このブログは初めてドラムを叩く方のためのお話ですから、超簡単に説明しておきますね。

ちょっと長くなりそうなので数回に分けて説明したいと思います。

今回ハイハットシンバルの開き具合の調節です。

その前に
ハイハットシンバルについて

ハイハットシンバルは2枚のシンバルが合わさっています。

シンバルには中心に穴が開いていて、心棒がその穴を貫通しています。

ハイハットスタンドの心棒

下側のシンバルはお皿のような形の上に乗っかっているだけで固定されていません。

触るとぐらんぐらんと簡単に動きます。

ハイハット下側

上側のシンバルには「クラッチ」という金具が付いていて、その「クラッチ」についているネジで心棒とハイハットシンバルが固定されています。

クラッチ
ハイハットシンバル開いている

いや、最初はクラッチのネジはしまってないかもしれませんでした。

ネジがしまってない(ゆるんでいる)と上側のシンバルと下側のシンバルがひっついた状態になります。

触ると上下のシンバルはどちらもぐらんぐらんと動きます。

ハイハットシンバル閉じている

 あなたの目の前にあるハイハットシンバルは閉じていますか?開いていますか?

2枚のシンバルの開き具合を調整するために
今は、もし開いていたら「クラッチ」のネジをゆるめて閉じましょう。

先ほど書きましたがハイハットシンバルの真ん中の穴を貫通して心棒が通っています。

その心棒と下のペダルとが直結しています。

ペダルとはこれです ↓

ハイハットペダル

心棒と下のペダルとが直結していますので、ペダルを踏むと心棒が下がる仕掛けになっています。

何かのカラクリみたいですねー!

ペダルを踏んだり離したりしてみてください。

踏むと下に下がり、離すとバネの力で上に上がってきます。

どうですか?

心棒が動きましたか?

このカラクリを使って上側のハイハットシンバルを上下に動かします。

下のハイハットシンバルはお皿の上にぐらんぐらんぐらんぐらんのまま乗っかったままで動きません。

ハイハットの開き具合調節

1.   クラッチのネジをゆるめた状態で、ペダルを2cmほど踏み込みます。

そしてその状態で上側のハイハットシンバルに付いているクラッチのネジをしめます。

上側のハイハットシンバルと心棒が固定されます。

2.   踏み込んでいるペダルから足を離します。

心棒が上がり、上側のシンバルも上に上がります。

どうですか?2枚のペダルが2cmほど離れましたか?

うまくいかなかった方のために動画にしておきますね  ↓

2枚のハイハットシンバルの開く幅は人それぞれです。

少しだけしか開かない人もいれば、かなり大きく開く人もいます。

標準的には1.5〜 2cmくらいでしょう。

初めてドラムでは標準的な開き具合にしておきましょう。慣れてきたら自分の好きな開き具合がわかってくると思います。

どうですか?ハイハットシンバルの開き具合の調節は出来ましたか?

 次回はハイハットシンバルの高さの調節の仕方 です。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 次回をどうぞお楽しみに!