いろいろなシンバル

シンバルカップ

シンバル

 今回はいろいろなシンバルについてのお話です。

大まかなシンバルについての解説はこちらの記事を参考にしてください

シンバルにはいくつかの種類があってそれぞれに用途が違います。

シンバルの種類

1.  ライド・シンバル

2.  ハイハット・シンバル

3.  クラッシュ・シンバル

4.  スプラッシュ・シンバル

5.  チャイナ・シンバル

6.  その他、エフェクト・シンバル

1.  ライド・シンバル

ドラムセット

                ↑

上の写真を見て下さい

右下の大きいシンバルがライド・シンバルです。

ライド・シンバルトップ・シンバルともいいます。

ライド・シンバルはドラムセットの中で1番大きいシンバルです。

サイズでいえば20インチが一番ポピュラーですが18インチまたは22インチを使う方もいます。

次に説明するクラッシュ・シンバルスプラッシュ・シンバルはアクセントをつけるためによく響く薄い作りになっていますが、ライド・シンバルは固くて厚い作りになっています。
ライド・シンバルはリズムを刻むために固くてはっきりとした音が必要だからです。
シンバルは薄いより厚い方がしまりのある固い音がします。

ちなみに、ライドシンバルを使った8ビートについての記事はこちらです

ライド・シンバルの中心の少し膨らんでいる部分をカップといいます。

カップをひっくり返したような形をしているからです。

シンバルカップ

普段の8ビートでのリズムではシンバルの中心から端までの真ん中あたりを叩いてチンチンという音を出しますが、カップを叩くことによってカンカンという特殊な音を出して効果的なリズムを出す事ができます。

カップを使って演奏するいろいろなリズムをこちらで紹介していますので見てみてください

2.  ハイハット・シンバル

ハイハット・シンバルの大まかな説明はこちらの記事を参照してください

 ハイハット・シンバルは2枚のシンバルが重なって1つのシンバルのように機能しています。

あまり知られていませんが2枚が重なった上の方をトップ、下の方をボトムといいます。

上のトップの方が薄くて下のボトムの方が厚いです。

そして2枚のハイハット・シンバルの開く幅は人それぞれです。

少しだけしか開かない人もいれば、かなり大きく開く人もいます。

標準的には1.5〜 2cmくらいでしょう。

3.  クラッシュ・シンバル

ドラムセット

上の写真は先ほどと同じ写真です。

上の写真の右上と左上の2枚のシンバルがクラッシュ・シンバルです。

ライド・シンバルのことをトップ・シンバルというのに対してクラッシュ・シンバルサイド・シンバルともいいます。

通常は右側 (利き手側) にライド・シンバルを1枚と両側にクラッシュ・シンバルを1枚づつセットしますが、特に決まりはありません。

クラッシュ・シンバルは曲中にアクセントをつけたり曲を盛り上げたりする時に使いますのでトップ・シンバルよりは薄くよく響くようにできています。

サイズ的には14インチ18インチくらいでしょうか。

それ以上大きいとライド・シンバル的な使用法になり、それ以下だとスプラッシュ・シンバルと呼ばれるようになります。

 ちなみに、8ビートクラッシュシンバルを入れる記事はこちらです

4.  スプラッシュ・シンバル

スプラッシュ・シンバル

上の写真のように小さな薄いシンバルをスプラッシュ・シンバルといいます。

サイズ的には6インチ〜10インチくらいのものをいいます。

サイズが小さいのでクラッシュ・シンバルのようにはあまり響きません。

あまり響きませんが音の長さが短くアタックの強い効果があります。
スポット的なアクセントの効果を持った特殊なシンバルです。

5.  チャイナ・シンバル

チャイナシンバル

上の写真のように通常のシンバルの縁の部分が反り返ったシンバルをチャイナ・シンバルといいます。

サイズ的には18インチ〜22インチくらいです。

主にハードロックやヘビーメタルでよく使われますがジャズやフュージョンでも使われます。

アタックは強く「グワシャ〜ン!」という強力に派手な音がしますが響きは短く強いアクセントに使われます。

6.  その他、エフェクト・シンバル

スプラッシュ・シンバルチャイナ・シンバルエフェクト・シンバルです。

また、その他のエフェクト・シンバルとしては

スパイラル・シンバルという螺旋状に薄く切り込んだシンバルや

スパイラルシンバル

小さなシンバルが無数に空けられた穴あきシンバル

穴あきシンバル

あとは、シンバルにリベットを打ち付けたシズル・シンバル8角形シンバルなどなど最近ではいろいろなエフェクト・シンバルがありますので興味のある方は調べてみて下さい。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!