ライドシンバルを使った16beatの基本編

「初めてのドラム」です。

エイトビートや16ビートが少し叩けるようになったらもっといろんなバリエーションも知りたくなりますよね。

そんな声にお答えして今回はライドシンバルを使った16ビートの基本編についてお話します。

 

2種類の16beat

16beatには大きく分けて2種類あります。

1. ハイハットシンバルの16分音符を左右交互に両手で叩く16beat。

2. ハイハットシンバルまたはライドシンバルの16分音符を右手(または利き手)だけの片手で叩く16beat 。

上記の2種類です。

 

そして今回は上記の2番に紹介しています「ライドシンバルの16分音符を右手(または利き手)だけの片手で叩く16beat 」についてお話します。

 

 両手でハイハットシンバルを叩く16beatについてはこちらの記事を参考にどうぞ

→ Click Here

 

片手でハイハットシンバルを叩く16beatについてはこちらの記事を参考にどうぞ

→  Click Here

 

 

ライドシンバルを使った16ビートの基本編

 

まずライドシンバルだけで練習

 

まずライドシンバルだけを叩いてみます。

楽譜にするとこうなります

20200318232648

 R=右手(Right Hand)

 

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

ライドシンバルだけで演奏した動画

 

ライドシンバルとスネアドラムで練習

 

次に2拍目と4拍目にスネアドラムをいれます。

 

楽譜にするとこうなります

20200318232645

 R=右手(Right Hand)、SD=スネアドラム(Snear Drum)
 

 

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

  ライドシンバルとスネアドラムだけで演奏した動画

 

6つのパターンを紹介します

そして上記のライドシンバルとスネアドラムの16beatにベースドラムを入れます。

今回はベースドラムのパターンを6つ紹介しますが、その前に少々の補足説明を。

 

*補足①  1小節めの最初にクラッシュ・シンバル 

各パターンの1小節目の最初にクラッシュ・シンバルを入れてアクセントをつけます。

1小節目の最初にクラッシュ・シンバルを入れるやり方はこちらの記事を参考にしてください。

1小節目のアタマにクラッシュ・シンバル

 

補足②  4小節目の3拍目と4拍目にフィルイン

今回ご紹介する練習パターンの、4小節目の3拍目と4拍目フィルインを入れてみましたのでそれも参考にしてみて下さい。

ちなみにフィルイン ( Fill-in )とは曲の区切り目に即興的にフレーズを演奏することで、直訳すると「埋める」となりますがドラム用語的に日本語で「おかず」と言われています。

曲調の変わり目などに入れて曲を装飾します。

 

*補足③  記譜法

今回の楽譜の記譜法はこちらです。

20200405193946

記譜法とは楽譜のどの五線の場所に何の楽器が書いてあるかというルールというか決まりごとのことです。

 

*補足④ 録音・録画

できれば録音したり動画に撮ったりして自分の演奏を確認しながら練習することをお勧めします。

自分の演奏を客観的に聞いたり見たりすることは1番の上達法です!

 

それでは順を追って6つのパターンを説明していきます。

1. パターン1

1つ目に紹介するパターンは、1拍目に4分音符1つと3拍目に8分音符を2つのベースドラムを入れます。

楽譜にするとこうなります

20200318232653

 R=右手(Rigt Hand)、L=左手(Left Hand) 

 

*ライドシンバルとベースドラムの合うところを常に意識して演奏しましょう。

 

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

 パターン1の動画

 

2. パターン2

2つ目に紹介するパターンは1拍目の表拍と2拍目の裏拍と3拍目の裏拍にベースドラムを入れます。

 

楽譜にするとこうなります

20200318232658

 R=右手(Rigt Hand)、L=左手(Left Hand) 

 

*ライドシンバルとベースドラムの合うところを常に意識して演奏しましょう。

 

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

  パターン2の動画

 

3. パターン3

3つ目に紹介するパターンは、1拍目に4分音符1つと2拍目の裏拍に8分音符1つと3拍目に8分音符2つのベースドラムを入れます。

 

楽譜にするとこうなります

20200318232702

 R=右手(Rigt Hand)、L=左手(Left Hand)F=右足ベースドラム(Foot)

 

* ライドシンバルとベースドラムの合うところを常に意識して演奏しましょう。

 

 

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

 パターン3の動画 

 

4. パターン4

4つ目に紹介するパターンは、1拍目に4分音符1つと2拍目の16分音符4つ目に16分音符1つと3拍目に4分音符1つベースドラムを入れます。

 

楽譜にするとこうなります

20200318232707

 R=右手(Rigt Hand)、L=左手(Left Hand) 

 

*付点がついた8分休符は「付点8分休符」といって8分休符+16分休符の長さ休みます。

 
* ライドシンバルとベースドラムの合うところを常に意識して演奏しましょう。

 

 

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

 パターン4の動画

 

5. パターン5

5つ目に紹介するパターンは、1拍目に4分音符1つと2拍目の16分音符4つ目に16分音符1つと3拍目に8分音符2つベースドラムを入れます。

 

楽譜にするとこうなります

20200318232712

 R=右手(Rigt Hand)、L=左手(Left Hand)、F=右足ベースドラム(Foot) 

 

*ライドシンバルとベースドラムの合うところを常に意識して演奏しましょう。

 

 

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

 パターン5の動画 

 

6. パターン6

6つ目に紹介するパターンは、1拍目に4分音符1つと2拍目の16分音符4つ目に16分音符1つと3拍目に8分音符2つとそして4拍目の16分音符2つ目に16分音符1つベースドラムを入れます。

 

 

楽譜にするとこうなります

20200318232717

 R=右手(Rigt Hand)、L=左手(Left Hand)、F=右足ベースドラム(Foot)  

 

* ライドシンバルとベースドラムの合うところを常に意識して演奏しましょう。

 

 

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

 パターン6の動画 

 

まとめ

 

ライドシンバルを使った16ビートはいかがでしたか?

 

両手で叩く16beatにするか片手で叩く16beatにするか、またはハイハットシンバルにするかライドシンバルするかは、曲のテンポや曲の雰囲気で決めます。

 

速いテンポの時は両手で、遅いテンポの時は片手で16beatを叩くのが基本ですが特に決まりがあるわけではありません。

また静かな曲調の時やシャープなリズムが欲しい時などはハイハットシンバルを使い、曲を盛り上げたい時やリズムの感じを変えたい時などにライドシンバルを使ったりもします。

いろいろな場面でセンスよく使い分けられるようにするためには、人の演奏をよく聞いて研究しましょう。また自分でいろいろと試してみたりして試行錯誤することも大切なことです。

 

ライドシンバルを使った16ビートをしっかりマスターしてワンステップアップのドラマーを目指しましょう!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!