シンバルのカップを使ったエイトビート

8beat

少しエイトビートが叩けるようになったらもっといろんなバリエーションが知りたくなりますよね。

そんな声にお応えしてエイトビートのカッコいいバリエーションを紹介します。

今回はライド・シンバルのカップを使った8beatのお話です。

ライド・シンバルのカップとは

一般的なドラムセット

上の写真は一般的なドラムセットです。

ライド・シンバルとはドラムセットの右側(利き手側)にある1番大きなシンバルです。

そしてライド・シンバルカップとはライド・シンバルの中心の小さく盛り上がった部分のことです。

 ライド・シンバルのカップはカンカンとよく響く独特な音をしていてロックやラテン音楽などでよく使われます。

これです

ライドシンバルのカップ

ライド・シンバルライド・シンバルのカップについてはこちらの記事を参考にして下さい
 ↓

ライド・シンバルのカップを4分音符で叩く8beat

8beat(エイトビート)についてはこちらの記事も参考にどうぞ

          ↓

以前の記事で紹介しました、ハイハット・シンバルで叩く8beat7つのパターンはこちらです 

 今回はライド・シンバルのカップ4分音符で叩く8beat のパターンを7つ紹介します。

今回紹介する7つのパターンではカップを4分音符スネアドラムを2拍目と4拍目に叩きます。
そしてベースドラムのパターンだけが変わります。

補足説明

補足①フィルイン

今回紹介するパターンでは4小節目の3,4拍目にフィルインが入っています。

ちなみにフィルイン ( Fill-in )とは曲の区切り目に即興的にフレーズを演奏することで、直訳すると「埋める」となりますがドラム用語的に日本語で「おかず」と言われています。

曲調の変わり目などに入れて曲を装飾します。

補足②記譜法

記譜法とは楽譜のどの五線の場所何の楽器が書いてあるかというルールというか決まりごとのことです。
今回の楽譜の記譜法はこちらです。

記譜法
補足③クラッシュシンバルを入れる

今回のパターンではリズムの最初とフィルインの後に必ずクラッシュ・シンバルを入れています。
クラッシュ・シンバルを入れるやり方はこちらの記事を参考にしてください

それでは7つのパターンを順番に紹介していきます。

1. パターン1

 まず最初に紹介するパターンは、カップ4分音符スネアドラム2拍目と4拍目ベースドラム1拍目と3拍目です。

4小節目3拍目4拍目フィルインを入れてみましたのでそれも参考にしてみて下さい。

楽譜

楽譜にするとこうなります。

            ↓

パターン1

R = 右手(Right Hand)、L = 左手(Left Hand)

動画

動画にもしてみましたので参考にしてください

          ↓

2. パターン2

2つ目のパターンカップ4分音符スネアドラム2拍目と4拍目

そしてベースドラム1拍目4分音符が1つ3拍目に8分音符が2つです。
2拍目と4拍目は休みです。

4小節目3拍目4拍目フィルインを入れてみましたのでそれも参考にしてみて下さい。

楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン2

R = 右手(Right Hand)、L = 左手(Left Hand)

動画

動画にもしてみましたので参考にしてください

3. パターン3

3つ目のパターンカップを4分音符スネアドラムを2拍目と4拍目

そしてベースドラム1拍目に4分音符が1つ2拍目の裏拍に8分音符が1つ、そして3拍目4分音符が1つそして4拍目はお休みです。

4小節目3拍目と4拍目フィルインを入れてみましたのでそれも参考にしてみて下さい。

楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン3

R = 右手(Right Hand)、L = 左手(Left Hand)

フィルインの手順 右 右  右左 右と動画ではやっていますが、右 左 右左 右 でも構いません。いろいろと試してみて自分に合う手順を見つけましょう。

フィルインのときリズムが崩れて早くなってしまわないようテンポキープをしっかり意識してプレイしましょう!

動画

動画にもしてみましたので参考にしてください

4. パターン4

4つ目のパターンカップを4分音符スネアドラムを2拍目と4拍目

そしてベースドラム1拍目4分音符が1つ2拍目の裏拍8分音符が1つ、そして3拍目4分音符が1つそして4拍目の裏拍8分音符が1つです。

楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン4

R = 右手(Right Hand)、L = 左手(Left Hand)

動画

動画にもしてみましたので参考にしてください

5. パターン5

3つ目のパターンカップを4分音符スネアドラムを2拍目と4拍目

そしてベースドラム1拍目に4分音符が1つ2拍目の裏拍に8分音符が1つ、そして3拍目

の裏拍に8分音符が1つそして4拍目は休みです。

楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン5

R = 右手(Right Hand)、L = 左手(Left Hand)

動画

動画にもしてみましたので参考にしてください

6. パターン6

6つ目のパターンカップを4分音符スネアドラムを2拍目と4拍目

そしてベースドラム1拍目に4分音符2拍目の裏拍8分音符、そして3拍目は休み4拍目に4分音符です。

4小節目の3拍目と4拍目フィルインを入れてみましたのでそれも参考にしてみて下さい。

楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン6

R = 右手(Right Hand)、L = 左手(Left Hand)

動画

動画にもしてみましたので参考にしてください

7. パターン7

7つ目のパターン2小節で1つのパターンです。

このような2小節1つのパターンのことを「2小節パターン」といいます。

カップを4分音符4つスネアドラムを2拍目と4拍目。この繰り返しです。

そしてベースドラム

1小節目1拍目に4分音符3拍目に8分音符が2つです。

そして2小節目1拍目に4分音符が1つ2拍目の裏拍に8分音符そして3拍目の裏拍に8分音符そして4拍目はお休みです。

つまりこの2小節パターンパターン2パターン5の組み合わせです。

8小節目フィルインを入れてみましたのでそれも参考にしてみて下さい。

楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン7

R = 右手(Right Hand)、L = 左手(Left Hand)

動画

動画にもしてみましたので参考にしてください

 

まとめ

ライド・シンバルのカップを使ったエイト・ビートはいかがでしたか?

曲調が変わる場面やサビの部分盛り上がるところなどにカップを使うことによって曲に表情をつけたり曲を装飾したりすることができます。

今回は4分音符でカップを叩くエイトビートを紹介しましたが、
カップの裏打ちを使ったエイトビートも紹介しています。
こちらもぜひ見てみてください

今回のシンバルのカップを使ったエイト・ビート、ぜひ試してみてください。
そしてワンステップアップのドラマーを目指して頑張りましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございます