ハイハットオープンを使ったエイトビート/ 第1回目(全2回)

8beat

少し8beatが叩けるようになったらいろんなバリエーションの8beatが知りたくなりますよね。

そんな声にお応えして8beatのカッコいいバリエーションを紹介します。

今回と次回と2回に分けて、ハイハット シンバルオープンを使った8beatのお話をします。

今回紹介するパターンはハイハットシンバルずっとオープンにしたままで8分音符を叩く8baetのやり方です。

おもにハードロックなどでよく使われます。

ハイハットシンバルについてはこちらの記事を参考にどうぞ。
ハイハットオープンクローズの動画も掲載してあります。

 ↓

ハイハット・シンバルのクローズとオープン

ハイハットシンバルは2枚の小さなシンバルを上下に合わせて使います。

ハイハットシンバルとスタンド
ハイハットシンバル

1. クローズ・ハイハット

普段エイトビートを叩くときは2枚のハイハットシンバルを閉じて演奏することが多いと思います。

ハイハットシンバル閉じて叩くハイハットを「クローズ・ハイハット」といいます。

動画をご覧ください

2.  オープン・ハイハット

2枚のハイハットシンバルをほんの少し開けて叩くことを「オープン・ハイハット」といいます

動画をご覧ください

3. クローズ & オープン

ハイハットシンバルクローズしたりオープンしたり細かく叩き分けて演奏する事もあります。

この動画をご覧ください

ハイハットをずっとオープンにしてのエイトビート

今回はハイハットをずっとオープンにしてのエイトビートを紹介したいと思います。

上の動画でも紹介していますがハイハット・オープンとは2枚のハイハット・シンバルをほんの少しだけ開いて演奏します。

だいたい2ミリか3ミリくらいでしょうか。スティックで叩いた時に上下のハイハット・シンバルがわずかに触れあって「シャー」と綺麗な音がするようにします。

普段エイトビートを叩く時はクローズ・ハイハットを使う事が多いと思いますが、今回はオープン・ハイハットのみで演奏します。

エイトビートについてはこちらの記事を参考にしてください

ハイハットオープンを8分音符で叩く7つのパターン

今回は「ハイハット・オープン」を使ってのエイトビートパターンを7つ紹介します。

オープンしたハイハットシンバル8分音符と、2拍目と4拍目のスネアドラムは7つのパターンで共通です。

今回のリズムパターンではベースドラムのパターンが7種類です。

補足説明
補足① フィルイン

フィルイン( Fill-in )とは曲の区切り目に即興的にフレーズを演奏することで、直訳すると「埋める」となりますがドラム用語的に日本語で「おかず」と言われています。

曲調の変わり目などに入れて曲を装飾します。

今回の7つのパターンでは、最後の小節にフィルインを入れていますので参考にしてください。

補足②記譜法

記譜法とは楽譜のどの五線の場所何の楽器が書いてあるかというルールというか決まりごとのことです。

今回の楽譜の記譜法はこちらです。

記譜法
補足③クラッシュシンバルを入れる

パターンの最初とフィルインの後に必ずクラッシュシンバルを入れます。

クラッシュシンバルを入れるやり方はこちらの記事を参考にどうぞ

それでは順を追って7種類のパターンを紹介していきます。

1. パターン1

まず最初のパターンは基本中の基本、1拍目3拍目ベースドラムがきます。2拍目4拍目休みです。とてもシンプルなパターンです。

パターン1の楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン1

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)

パターン1の動画

パターン1を動画にしてみましたので参考にしてください

2.パターン2

2つ目のパターンは、1拍目4分音符3拍目8分音符2つ2拍目4拍目はお休みです。

ロック色の強いパターンです。

パターン2の楽譜

楽譜にするとこうなります。

パターン2

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)

パターン2の動画

パターン2を動画にしてみましたので参考にして下さい

3.  パターン3

3つ目のパターンは1拍目4分音符2拍目の裏拍8分音符3拍目4分音符4拍目休みです。

パターン3の楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン3

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)

パターン3の動画

パターン3を動画にしてみましたので参考にして下さい

4. パターン4

4つ目のパターンは1拍目は4分音符2拍目の裏拍8分音符3拍目に4分音符4拍目の裏拍に8分音符です。

このパターンはいろいろな場面でよく使われるかなり使用頻度の高いパターンといえます。

パターン4の楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン4

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)

パターン4の動画

パターン4を動画にしてみましたので参考にして下さい

5. パターン5

5つ目のパターンは1拍目に4分音符2拍目の裏拍に8分音符3拍目の裏に8分音符4拍目は休み

パターン5の楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン5

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)

パターン5の動画

パターン5を動画にしてみましたので参考にして下さい

6. パターン6

6つ目のパターンは1拍目に4分音符2拍目の裏拍に8分音符3拍目はお休みで・4拍目に4分音符です。

パターン6の楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン6

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)

パターン6の動画

パターン6を動画にしてみましたのでぜひ参考にして下さい

7.  パターン7

このパターンは2小節で1つのパターンになっています。「2小節パターン」といいます。

1小節目ではまず1拍目に4分音符2拍目は休み3拍目に8分音符が2つ4拍目は休み

これはパターン2と同じですね。

そして2小節目では1拍目に4分音符2拍目の裏拍3拍目の裏拍4拍目の裏拍8分音符です。

これはパターン5と同じですね。

つまりパターン7のリズムは、パターン2とパターン5の複合パターンです。

パターン7の楽譜

楽譜にするとこうなります

パターン7

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)

パターン7の動画

パターン7を動画にしてみましたのでぜひ参考にして下さい

まとめ

今回はハイハット・オープン8分音符を叩くエイトビートを紹介しました。

いかがでしたか?

静かな時やAメロなどではハイハット・クローズを使い、盛り上がってきた時やサビの部分ではハイハット・オープンにしたりと使い分けます。

いろんな人のドラミングを聞いて研究してみましょう。

この7つのパターンをしっかりマスターして楽しくドラムを叩きましょう!

第2回目ではハイハット・オープン4分音符を叩くエイトビートを紹介していますのでぜひどうぞ。

ワンステップアップのドラマーを目指して頑張りましょう。

最後まで見てくださってありがとうございました!