4分音符と8分音符の5つの形(発展形)

4分音符

4分音符と8分音符の5つの基本形

 音符には全音符・2分音符・4分音符・8分音符・16分音符・32分音符・・・・。

とありますが、1番大切なのは4分音符と8分音符です。

以前の記事で4分音符と8分音符の5つの基本形についてお話ししました、こちらです

今回はその続きで4分音符と8分音符の5つの発展形についてお話しますが、

その前に基本形の復習をします。

5つの基本形はこちらです

1.

基本形1

2.

基本形2

 3.

基本形3

4.

基本形4

5.

基本形5

R=右手(Right Hand)、L=左手(Left Hand)

手順は一般的なものです。場面によって変わります。

4分音符と8分音符の5つの発展形

そして今回はこの基本形から一歩進んで、5つの発展形を紹介します。

*この形は基本形と同じ2拍のフレーズです。

1. 発展形1

まず最初の発展形は1拍目に8分音符が2つ、2拍目は休みです。

楽譜はこちら

発展形1

そして動画にもしてみましたので参考にどうぞ

 そしてこの形をフィルインにしてエイトビートを叩いてみました。

楽譜にするとこうなります

発展形1をフィルインに応用

そして動画にもしてみましたので参考にどうぞ

2. 発展形2

そして2つ目の発展形は1拍目の裏拍と2拍目の表拍です。

楽譜はこちらです

発展形2

上記の楽譜は8分音符と4分音符を使って下記のようにも書けます。全く同じというわけではありませんが、スネアドラムのような短い音を叩く時は同じと思って大丈夫です。

もしかしたら初心者にはこちらの方がわかりやすいかもしれませんね。その逆かもしれませんが・・。

発展形2-2

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

 そしてこの形をフィルインにしてエイトビートを叩いてみました。

楽譜にするとこうなります

発展形2をフィルインに応用

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

3. 発展形3

そして3つ目の発展形は1拍目はお休みで2拍目に8分音符2個です。

楽譜はこちらです

発展形3

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

そしてこの形をフィルインにしてエイトビートを叩いてみました。

楽譜にするとこうなります

発展形3をフィルインに応用

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

4.  発展形4

そして4つ目の発展形は1拍目の表拍と2拍目の裏拍です。

楽譜はこちらです

発展形4

上記の楽譜は8分音符と4分音符を使って下記のようにも書けます。全く同じというわけではありませんが、スネアドラムのような短い音を叩く時は同じと思って大丈夫です。

もしかしたら初心者にはこちらの方がわかりやすいかもしれませんね。その逆かもしれませんが・・。

発展形4-2

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

そしてこの形をフィルインにしてエイトビートを叩いてみました。

楽譜にするとこうなります

発展形4をフィルインに応用

 動画にもしてみましたので参考にどうぞ

5. 発展形5

そして5つ目の発展形は1拍目の裏拍と2拍目の裏拍です。

楽譜はこちらです

発展形5

上記の楽譜は8分音符と4分音符を使って下記のようにも書けます。全く同じというわけではありませんが、スネアドラムのような短い音を叩く時は同じと思って大丈夫です。

発展形5-2

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

そしてこの形をフィルインにしてエイトビートを叩いてみました。

楽譜にするとこうなります

発展形5をフィルインに応用

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

まとめ

今回の4分音符と8分音符の5つの発展形の話はいかがでしたか?

4分音符・8分音符は大切です。

4分音符・8分音符をしっかり使いこなしてワンステップアップのドラマーを目指して頑張りましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!