ライドシンバルを使った8ビート

8beat

「初めてのドラム」です。

エイトビートが少し叩けるようになったらいろいろなバリエーションも知りたいですよね。
そんな声にお応えして今回はライドシンバルを使ったエイトビートを紹介します。

ハイハットを使ったエイトビートについてはこちらの記事を参考にしてみてください↓

ライドシンバルを使った7つのベースドラムの基本パターン

今回はライド・シンバルを使った8ビートの基本パターンを7つ紹介します。

ライド・シンバルについてはこちらの記事を参考にしてください↓

ライドシンバルだけで8ビート

まず始めにライドシンバルだけで8ビートを叩いてみます

ライドシンバルとスネアドラムだけで8ビート

次にライドシンバルスネアドラムだけで8ビートを演奏します

次にライドシンバルスネアドラムベースドラムを使っての8ビートです。

7つのベースドラム基本パターンを紹介します

1.  ベースドラムのパターン 1

まず最初のパターンは基本中の基本、1拍目と3拍目にベースドラムがきます。2拍目と4拍目はお休みです。とてもシンプルなパターンで、ドラムはあまり主張せず曲やメロディを引き立たせるパターンです。

楽譜にするとこうなります。

パターン1

まずはベースドラムだけで演奏してみましょう。

動画を参考にしてみてください。

次に両手両足のトータルで演奏してみましょう。

動画を参考にしてください

2.  ベースドラムのパターン2

次のパターンは、1拍目は4分音符・3拍目は8分音符が2つ・2拍目と4拍目はお休みです。

ロック色の強いパターンです。

楽譜にするとこうなります。

パターン2

まずはベースドラムだけで演奏してみましょう。

動画を参考にしてみてください

次にトータルで演奏してみましょう。

動画を参考にしてください。

3.  ベースドラムのパターン3

3つ目のパターンは1拍目に4分音符・2拍目の裏に8分音符・3拍目に4分音符・4拍目はお休みです。

楽譜にするとこうなります

パターン3

このパターンは安定感のあるリズムです。

2拍目裏の8分音符が次の3拍目の4分音符への助走のようになっていて少し丸みを持たせています。この8分音符のおかげで説得力のあるどっしりとしたリズムになっています。

まずはベースドラムだけで演奏してみましょう。

動画を参考にしてください。

次にトータルで演奏してみましょう。

動画を参考にしてください

4.  ベースドラムのパターン4

4つ目のパターンは1拍目4分音符・2拍目裏8分音符・3拍目4分音符・4拍目裏8分音符です。

このパターンは「サンバ」や「ボサノバ」でよく使われるパターンです。ブラジル系の音楽でよく出てくるパターンで、特に早く演奏したときには「サンバ・パターン」と言われることもあります。

楽譜にするとこうなります

パターン4

2拍目裏と4拍目裏の8分音符が次の4分音符へのジャンプのための踏み台のステップのようになっていて、リズムのうねりが小気味よくグルーブしています。

まずはベースドラムだけで演奏してみましょう。

動画を参考にしてください。

次にトータルで演奏してみましょう。

動画を参考にしてください。

5.  ベースドラムのパターン5

5つ目のパターンはどっしりというよりも浮遊感を楽しむようなリズムです。

1拍目に4分音符・2拍目裏に8分音符・3拍目裏に8分音符・4拍目はお休み。

楽譜にするとこうなります

パターン5

このパターンは拍の頭に来ている音が1つしかないのでどうしても曲の土台となるような安定感はあまりありません。しかし疾走感があり気持ちのいいスピード感を楽しめるリズムです。

まずはベースドラムだけで演奏してみましょう。

動画を参考にしてみてください

次にトータルで演奏してみましょう。

動画を参考にしてください。

6.  ベースドラムのパターン6

6つ目のパターンは主にラテンのリズムの時によく使われるパターンです。

1拍目に4分音符・2拍目裏に8分音符

・3拍目はお休みで・4拍目に4分音符です。

楽譜にするとこうなります

パターン6

3拍目の休みが強力な浮遊感を生み出しています。そして4拍目の4分音符が次の小節への長い助走のようになっていてワクワク感を感じさせます。

このパターンはキューバ音楽の基本的なリズムで「クラーベ・パターン」と言われることもあります。

また「ニューオリンズ・ファンク」にもよく登場するリズムでもあります。

まずはベースドラムだけで演奏してみましょう。

動画を参考にしてみてください

次にトータルで演奏してみましょう。

これも動画を参考にしてみてください

7.  ベースドラムのパターン7

このパターンは2小節で1つのパターンになっています。2小節パターンといいます。

最初の小節ではまず1拍目に4分音符・2拍目はお休み・3拍目に8分音符が2つ・4拍目はお休み。これはパターン2と同じですね。そして2小節目では1拍目に4分音符・2拍目裏と3拍目裏と4拍目裏に8分音符です。

楽譜にするとこうなります

2小節パターンということでリズムの表情が大きく広がりました。1小節目ではロック色の濃いいどっしりとしたリズムで次の2小節目では裏拍の続く浮遊感のあるリズムです。「どっしり→浮遊感→どっしり→浮遊感」という落ち着きのないリズムですが、そこには聞き手の想像力をかきたてる奥の深さが感じられます。

まずはベースドラムだけで演奏してみましょう。

動画を参考にしてみてください

次にトータルで演奏してみましょう。

これも動画を参考にしてみてください

 まとめ

以上、ライド・シンバルを使った7つの基本的なベースドラムパターンを紹介しました。

いかがでしたか?

少しのパターンの違いでも大きくリズムの表情が変わってきますね。

そしてハイハット・シンバルでリズムを刻むのとライド・シンバルでリズムを刻むのではかなりの違いがあることも発見したのではないかと思います。

実戦的には、Aメロをハイハットで演奏してサビや盛り上がってきた時にシンバルで演奏するなどと使い分けます。

この7つのパターンをしっかりマスターしてワンステップアップのドラマーを目指して頑張りましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました。