右手と左手の独立/第1回目(全4回)

ドラム奏法

このたび無料メールマガジン「即実戦で使えるフィルインを紹介」を始めました。
実戦の演奏ですぐに使えるフィルインやドラムソロを毎回1つずつ紹介します。
ドラム上達の大きなヒントになればと思います。
お申し込みはこちらです。
↓↓↓

メールマガジン「即実戦で使えるフィルインを紹介」を申し込む

ドラムを始めてまず挫折しそうになるのは両手両足をバラバラに動かさなくてはいけないところではないでしょうか。

実はバラバラに動いているようですがそうでもないのです。

全ては組み合わせなので覚えてしまえはそれほど複雑なことでもなかったりします。

今回はまず右手と左手の簡単な組み合わせについての練習方法を説明します。

長くなりそうなので4回に分けてお話しします。

今回は第1回目です。

左手と右手の独立の練習方法第1回目(全4回)

今回お話しする練習方法は右手で4分音符を叩きながら左手で違うリズムを叩きます。

右手だけで4分音符

まず右手だけで4分音符を叩く練習をします。

楽譜にするとこうなります

右手のみで4分音符

動画にもしてみました。

わかりやすくするたするために、右手ではフロアタムを叩いています。

右手で4分音符 & 左手で違うパターン

右手4分音符を叩きながら左手違うパターンを叩きます。

左手で叩くパターンは5種類

そして左手で叩くパターンを5種類紹介します。

1. 右手で4分音符 & 左手でパターン1

左手で叩く1つ目のパターンは8分音符を8つです。

左手だけで練習

まずは左手だけで練習してみましょう。

楽譜にするとこうなります

左手のみで8分音

動画にもしてみましたので参考にどうぞ

わかりやすくするために、左手ではスネアドラムを叩いています。

両手で練習

そして右手4分音符を叩きながら左手ではこのパターン1を叩きます。

楽譜にするとこうなります

パターン1の楽譜

右手1回叩く間に左手2回叩きます。この感覚がわかればあとはかなり楽になります。

動画にもしてみましたので参考にどうぞ。

わかりやすくするために右手でフロアタム、左手はスネアドラムを叩いています。

2. 右手で4分音符 & 左手でパターン2

左手で叩く2つ目のパターンは8分音符を2つ4分音符を1つの繰り返しです。

左手だけで練習

まずは左手だけで叩いてみましょう。

楽譜にするとこうなります

パターン2 左手だけ

動画にもしてみましたので参考にどうぞ。

わかりやすくするために、左手ではスネアドラムを叩いています。

両手で練習

次に右手4分音符を叩きながら左手ではこのパターン2を叩きます。

楽譜にするとこうなります

パターン2 両手

右手左手合うところ合わないところをしっかり意識して叩きます。

1拍目3拍目の、右手1回左手2回のところ特に注意が必要ですね。

動画にもしてみましたので参考にしてください。

わかりやすくするために右手でフロアタム、左手はスネアドラムを叩いています。

3. 右手で4分音符 & 左手でパターン3

左手で叩く3つ目のパターン4分音符1つと8分音符を2つの繰り返しです。

左手だけで練習

まずは左手だけで叩いてみましょう。

楽譜にするとこうなります

パターン3 左手

動画にもしてみましたので参考にしてください。

わかりやすくするために、左手ではスネアドラムを叩いています。

両手で練習

次に右手で4分音符を叩きながら左手ではこのパターン3を叩きます。

楽譜にするとこうなります

パターン3 両手

右手左手合うところ合わないところをしっかり意識して叩きます。

2拍目4拍目の、右手1回左手2回のところ特に注意して演奏しましょう。

動画にもしてみましたので参考にどうぞ。

わかりやすくするために右手でフロアタム、左手はスネアドラムを叩いています。

4. 右手で4分音符 & 左手でパターン4

左手で叩く4つ目のパターン8分音符2つ8分休符1つ 8分音符1つの繰り返しです。

左手だけで練習

まずは左手だけで叩いてみましょう。

楽譜にするとこうなります

パターン4 左手

動画にもしてみました

わかりやすくするために、左手ではスネアドラムを叩いています。

両手で練習

次に右手4分音符を叩きながら左手ではこのパターン4を叩きます。

楽譜にするとこうなります

パターン4 両手

右手左手合うところ合わないところをしっかり意識して叩きます。

1拍目右手1回・左手2回2拍目右手1回に対して左手裏拍に1回です。

この感覚をしっかりと身につけましょう。

動画にもしてみましたので参考にしてください。

わかりやすくするために右手でフロアタム、左手はスネアドラムを叩いています。

5. 右手で4分音符 & 左手でパターン5

左手で叩く5つ目のパターンはまず8分休符1つ、そして8分音符3つの繰り返しです。

いきなり最初がお休みです。

しっかり8分休符の長さの間を取って休みます。

左手だけで練習

まずは左手だけで叩いてみましょう。

楽譜にするとこうなります

パターン5 左手のみ

動画にもしてみましたので参考にどうぞ。

わかりやすくするために、左手ではスネアドラムを叩いています。

両手で練習

次に右手4分音符を叩きながら左手ではこのパターン5を叩きます。

楽譜にするとこうなります

パターン5 両手

右手左手合うところ合わないところをしっかり意識して叩きます。

動画にもしてみましたので参考にしてください。

わかりやすくするために右手でフロアタム、左手はスネアドラムを叩いています。

まとめ

今回の練習は右手4分音符左手違うリズムパターンでした。

左右の独立といっても全く別々のことをやっているわけではなくそれぞれの組み合わせ

です。

落ち着いて右手左手の合うところと合わないところを特に意識して練習すれば、それほ

ど難しくないとわかます。

ゆっくりのテンポから練習して少しずつ早くするようにしましょう。

第2回左手で4分音符をキープして右手違うリズムパターンを叩く練習です。

第3回右手で8分音符をキープして左手違うリズムパターンを叩く練習です。

第4回左手で8分音符をキープして右手違うリズムパターンを叩く練習です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

このたび無料メールマガジン「即実戦で使えるフィルインを紹介」を始めました。
実戦の演奏ですぐに使えるフィルインやドラムソロを毎回1つずつ紹介します。
ドラム上達の大きなヒントになればと思います。
お申し込みはこちらです。
↓↓↓

メールマガジン「即実戦で使えるフィルインを紹介」を申し込む

Hits: 1