ハイハットオープンを使った16ビート(片手)1/2

「初めてのドラム」です

エイトビートや16ビートが少し叩けるようになったらもう少しかっこいいリズムやフレーズも知りたくなりますよね。

そんな声にお応えして今回は「ハイハットオープンを使った16ビート(片手)」を2回に分けて紹介します。

 

以前の記事で16ビートについての話をしていますので参考にしてみてください。

ハイハットを片手で叩く16ビート基本編

ハイハットを片手で叩く16ビート応用編1

ハイハットを片手で叩く16ビート応用編2

ハイハットを片手で叩く16ビート応用編3

 

 

ハイハットハイハット・オープンについてはこちらの記事を参照してください。

ハイハットシンバルについて

 

今回から2回に分けてハイハットオープンを使った16ビート(片手)について紹介しますがその前に補足説明を。

 

補足① 記譜法

今回の記事に出てくる楽譜の記譜法はこちらです。

20200330134845

記譜法とは楽譜のどの五線の場所に何の楽器が書いてあるかというルールというか決まりごとのことです。

 

補足② その他の記号

R = 右手( Right Hand  )

L = 左手( Left Hand )

F =右足ベースドラム(Foot)

SD = スネアドラム ( Snare Drum )

 

補足③ フィルイン

各パターンの最後にフィルインを入れてみましたので参考にしてください。

フィルイン ( Fill-in )とは曲の区切り目に即興的にフレーズを演奏することで、直訳すると「埋める」となりますがドラム用語的に日本語で「おかず」と言われています。

曲調の変わり目などに入れて曲を装飾します。

 

補足④ クラッシュ・シンバルを入れる

ドラムセット全体での演奏のときに各パターンの1小節目の最初にクラッシュ・シンバルを入れてアクセントをつけます。

1小節目の最初にクラッシュ・シンバルを入れるやり方はこちらの記事を参考にしてください。

1小節目のアタマにクラッシュ・シンバル

 

 

ハイハットオープンを使った16ビート(片手)

 

ハイハットオープンを使った16ビートについて紹介します。

 

今回の16ビートは片手でハイハットを叩く16ビートです。

片手とは利き手のことです。右利きの方は右手、左利きの方は左手ということになります。

 

以前、両手でハイハットを叩く16ビートを紹介しましたがそちらの記事も参考にしてください↓

両手でハイハットを叩く16ビート

 

今回は片手でハイハットを叩く16ビートですがその応用編としてハイハットのオープンを使います。

全部で7つのパターン2回に分けて紹介します。

そして今回は第1回目

パターン1~パターン4を紹介します。

 

それでは1つずつ紹介していきます。

 

1. パターン1

1つ目のパターンは1拍目の裏拍がハイハット・オープンになります。

 

ハイハットだけで演奏

 

まずパターン1をハイハットだけで叩いてみます

 

楽譜にするとこうなります

20200330134806

 * 楽譜の のところがハイハット・オープンのところです。

◯ が書いていないところはクローズ(閉じる)です。

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

ハイハットとスネアドラムだけで演奏

 

次にパターン1をハイハットとスネアドラムだけで演奏します。

 

楽譜にするとこうなります

20200330134751

* SDはスネアドラム(Snare Drum) です。

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

ドラムセット全体で演奏

そして最後にパターン1をドラムセット全体で演奏します。

4小節目の3.4拍目にフィルインを入れましたので参考にしてください。

 

楽譜にするとこうなります

20200330134822

 

R = 右手( Right Hand  )、L = 左手( Left Hand )、F =右足ベースドラム(Foot)

 

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

* 1拍目の裏拍でオープンにしたハイハットを2拍目のスネアドラムを叩くのと同時に閉じます。ハイハットを8分音符分の長さだけ開けてすぐに閉じるところに注意が必要です。

 

 

2. パターン2

2つ目のパターンは2拍目裏拍のハイハットをオープンにします。

 

ハイハットだけで演奏

 

まずパターン2をハイハットだけで叩いてみます

 

楽譜にするとこうなります

20200330134810

 * 楽譜の のところがハイハット・オープンのところです。

◯ が書いていないところはクローズ(閉じる)です。

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

ハイハットとスネアドラムだけで演奏

 

次にパターン2をハイハットとスネアドラムだけで演奏します。

 

楽譜にするとこうなります

20200330134754

* SDはスネアドラム(Snare Drum) です。 

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

ドラムセット全体で演奏

そして最後にパターン2をドラムセット全体で演奏します。

4小節目の3.4拍目にフィルインを入れましたので参考にしてください。

 

楽譜にするとこうなります

20200330134828

R = 右手( Right Hand  )、L = 左手( Left Hand )、F =右足ベースドラム(Foot) 

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

* 2拍目の裏拍でオープンにしたハイハットを3拍目のベースドラムと同時に閉じます。ハイハットを8分音符分の長さだけ開けてすぐに閉じるところに注意が必要です。フットワークに気をつけましょう。

 

3. パターン3

3つ目のパターンは3拍目裏拍のハイハットをオープンにします。

 

ハイハットだけで演奏

 

まずパターン3をハイハットだけで叩いてみます

 

楽譜にするとこうなります

20200330134813

* 楽譜の のところがハイハット・オープンのところです。

◯ が書いていないところはクローズ(閉じる)です。

 

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

ハイハットとスネアドラムだけで演奏

 

次にパターン3をハイハットとスネアドラムだけで演奏します。

 

楽譜にするとこうなります

20200330134758

* SDはスネアドラム(Snare Drum) です。 

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

ドラムセット全体で演奏

そして最後にパターン3をドラムセット全体で演奏します。

4小節目の3.4拍目にフィルインを入れましたので参考にしてください。

 

楽譜にするとこうなります

20200330134834

R = 右手( Right Hand  )、L = 左手( Left Hand )、F =右足ベースドラム(Foot)

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

*3拍目の裏拍でオープンにしたハイハットを4拍目のスネアドラムと同時に閉じます。ハイハットを8分音符分の長さだけ開けてすぐに閉じるところに注意が必要です。

 

4. パターン4

4つ目のパターンは4拍目裏拍のハイハットをオープンにします。

 

ハイハットだけで演奏

 

まずパターン4をハイハットだけで叩いてみます

 

楽譜にするとこうなります

20200330134817

* 楽譜の のところがハイハット・オープンのところです。

◯ が書いていないところはクローズ(閉じる)です。

  

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

ハイハットとスネアドラムだけで演奏

 

次にパターン4をハイハットとスネアドラムだけで演奏します。

 

楽譜にするとこうなります

20200330134802

* SDはスネアドラム(Snare Drum) です。 

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

ドラムセット全体で演奏

そして最後にパターン4をドラムセット全体で演奏します。

4小節目の3.4拍目にフィルインを入れましたので参考にしてください。

 

楽譜にするとこうなります

20200330134840

R = 右手( Right Hand  )、L = 左手( Left Hand )、F =右足ベースドラム(Foot) 

 

動画にもしましたので参考にどうぞ

 

*4拍目の裏拍でオープンにしたハイハットを次の小節の1拍目のベースドラムと同時に閉じます。

ハイハットを8分音符分の長さだけ開けてすぐに閉じるところに注意が必要です。フットワークに気をつけましょう。

 

まとめ

ハイハット・オープンを使った16ビート(片手)の第1回目はいかがでしたか?

左足ハイハットペダルのタイミングが難しいかもしれませんが少しずつ慣れていきましょう。

片手での16分音符がキツイと感じるかもしれませんが、アップ・ダウン奏法を上手く使い、肘・手首・指のしなやかな動きを心がけましょう。動画を見て研究してみてください。

アップ・ダウン奏法についてはこちらの記事も参考にどうぞ

 

www.takahashi-drum.com

 

 

ハイハット・オープンを使った16ビートを確実にマスターしてワンステップアップのドラマーを目指して頑張りましょう!

 

次回、ハイハット・オープンを使った16ビート(片手)の第2回目をどうぞお楽しみに。

  

最後まで読んでいただいてありがとうございました!