フラム(Flam)奏法2/実戦フィルイン編(全2回)

「初めてのドラム」です。

エイトビートや16ビートが少し叩けるようになったらもう少しいろんな技やフレーズも知りたくなりますよね。

そんな声にお応えして2回に分けて「フラム」について解説したいと思います。

前回第1回目の「フラム奏法の基本形〜応用編」に引き続き、

今回第2回目は「フラム奏法の実戦フィルイン編」です。

 

最初に「基本形〜応用編」の復習をほんの少しだけしておきます。

 フラム(Flam)とは

フラムとは本音符の前に装飾音を1つ付ける奏法のことです。

20200512200947

楽典でいう前打音のことで、元の音の少し前に音を1つ鳴らして元の音を装飾します。

この前打音のことをドラムや打楽器に限って”フラム(Flam)”といいます。

 

フラムの奏法

 

フラムもとの音の一瞬前に小さな音を入れます。

もとの音のことを主音といい、一瞬前に入れる小さな音のことを装飾音といいます。

例外も多々ありますが、基本的に主音は大きく装飾音は小さく叩きます。

 

奏法としては叩くスティックの高低差を利用します。

例えば右手で主音、左手で装飾音を叩くとします。

その時、装飾音を叩く左の腕を低く構え、主音を叩く右の腕を高く構えます。

そして同時に叩き始めると、左手装飾音の方が早くしかも弱く(小さく)なり、右手主音の方が遅くしかも強く(大きく)なります。

  

フラム奏法の実戦フィルイン編

 

それでは前回紹介しましたフラム奏法の基本形と応用編をどのようにして実際の演奏で使うのか、その演奏方法について紹介していきます。

 

今回はエイトビートのフィルインでフラムを使うやり方を4パターン紹介します。

 

本題に入る前に4つほど補足説明を。

 

補①エイトビート

エイトビートとは8分音符を基調としたリズムです。

エイトビートについての詳しい解説はこちらをどうぞ→初めてのエイトビート

 

補②フィルイン

フィルイン(Fill-in)とは曲の区切り目に即興的にフレーズを演奏することで、直訳すると「埋める」となりますがドラム用語的に日本語で「おかず」と言われています。

曲調の変わり目などに入れて曲を装飾します。

 

補③クラッシュシンバル

エイトビートの最初とフィルインの後に必ずクラッシュシンバルを入れます。

クラッシュシンバルを入れるやり方をこちらで解説していますのでぜひ参考にしてください→8ビートにクラッシュシンバルを入れる

 

補④記譜法

記譜法とは楽譜のどの五線の場所に何の楽器が書いてあるかというルールというか決まりごとのことです。

f:id:hajimetedrum:20191222211457j:plain

 

4つの実戦フィルイン編 (8baet)

それでは実際の演奏でフラムを使うやり方を解説します。

今回はエイトビートのフィルインでフラムを使うやり方です。

4つのパターンを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

1. フラム実戦編1

まず1つ目に紹介するフィルインはタムまわしの中で、1拍目のスネアと3拍目の中タムをフラムにします。

 

楽譜はこちらです

20200514203720

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

主音は大文字、装飾音は小文字で表します。

 

動画にもしましたので参考にしてください

フラム実戦編1の動画

 

2.フラム実戦編2

2つ目に紹介するフィルインはタムまわしの中で、1拍目の裏拍のスネアと3拍目の小タムをフラムにします。

 

楽譜はこちらです

20200514203726

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

フラム実戦編2の動画

 

3.フラム実戦編3

3つ目に紹介するフィルインはタムまわしの中で、1拍目のスネアと3拍目の裏拍の中タムと4拍目のフロアタムをフラムにします。

 

楽譜はこちらです

20200514203732

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

フラム実戦編3の動画

 

4.フラム実戦編4

4つ目に紹介するフィルインはタムまわしの中で、1拍目の裏拍のスネアと3拍目の中タムをフラムにします。

 

楽譜はこちらです

20200514203737

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

フラム実戦編4の動画

 

まとめ

フラム奏法の実戦フィルイン編はいかがでしたか?

 

主音と装飾音の間隔は特に決まっていませんので曲のテンポや曲想によって変えます。

ぜひカッコいい間隔を研究してみてください。

 

 また、スネアドラムの時のフラムでの装飾音は小さい音でも音は映えますが、タムの時や特に口径が大きいフロアタムの時のフラムの装飾音は大きい音を鳴らさないと音が映えません。

タムやフロアタムの装飾音はスネアドラムの時よりも少し大きめに叩くようにしましょう。

 

何の変哲もないタムまわしでもフラムを使うことでハイセンスな演奏に変えることができることがわかっていただけたと思います。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。