フラム(Flam)奏法1/基本形〜応用編(全2回)

「初めてのドラム」です。

エイトビートや16ビートが少し叩けるようになったらもう少しいろんな技やフレーズも知りたくなりますよね。

そんな声にお応えして今回と次回の2回に分けて「フラム」について解説したいと思います。

 フラム(Flam)とは

フラムとは本音符の前に装飾音を1つ付ける奏法のことです。

20200512200947

楽典でいう前打音のことで、元の音の少し前に音を1つ鳴らして元の音を装飾します。

この前打音のことをドラムや打楽器に限って”フラム(Flam)”といいます。

スローテンポで叩くと”ファ・ラム(Fa・lam)”と聞こえるというのが由来だそうです。

 

フラムはマーチングの時によく使われますが、ロックやジャズやいろんなジャンルで使用されます。

 

ありきたりなフレーズでもフラムという装飾音をつけることによって見違えるほどカッコいいフレーズに変えることができます。

またフラムを使うことによって表現力が豊かになりメリハリのついた演奏ができるようになります。

これを機にフラムをマスターしてワンステップアップのドラマーになりましょう!

 

フラムの奏法

 

フラムもとの音の一瞬前に小さな音を入れます。

もとの音のことを主音といい、一瞬前に入れる小さな音のことを装飾音といいます。

例外も多々ありますが、基本的に主音は大きく装飾音は小さく叩きます。

装飾音は主音を飾るための音ですから主音より目立ってはいけません。

 

奏法としては叩くスティックの高低差を利用します。

例えば右手で主音、左手で装飾音を叩くとします。

その時、装飾音を叩く左の腕を低く構え、主音を叩く右の腕を高く構えます。

そして同時に叩き始めると、左手装飾音の方が早くしかも弱く(小さく)なり、右手主音の方が遅くしかも強く(大きく)なります。

 

後ほど動画も紹介しますので確認してみてください。

 

フラム奏法、今回第1回目は4つの基本形と4つの応用形を紹介します。

第1回目はスネアドラムだけでの演奏になります。

そして次回第2回目はフラム奏法を実戦でどうやって使うかの実戦編を紹介します。

 

フラム奏法4つの基本形

 

これから4つのフラム基本形を紹介しますが、その前にアクセントとストロークのことに少し触れておきます。

 

アクセント

 

例外も多々ありますが、フラムを入れる主音にアクセントをつけるのが基本です。

 

アクセントとはその音だけを強く演奏するという意味です。

アクセントの記号は > です。

 

4種類のストローク

 

フラム奏法やさまざまな奏法でアクセントをつける時に必要な奏法に4種類のストロークというのがあります。

  1. ダウンストローク
  2. アップストローク
  3. タップストローク
  4. フルストローク

スムーズでムダのない演奏をするためにぜひマスターしておいて欲しい奏法です。

今回は詳しく触れませんが以前のこの記事をぜひ参考にしてみてください。

シングルストロークのフォームと4種類のストローク

アクセントでステップアップ

 

それではフラム奏法の4つの基本形について順番に説明していきます。

 

1. フラム基本形1

まず1つ目に紹介する基本形は8分音符8個のうち1つ目と5つ目をフラムにしてアクセントをつけます。

 

楽譜はこちらです

20200512200907

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

主音は大文字、装飾音は小文字で表します。

 

動画にもしましたので参考にしてください

基本形1の動画

 

2. フラム基本形2

2つ目に紹介する基本形は8分音符8個のうち2つ目と6つ目をフラムにしてアクセントをつけます。

 

楽譜はこちらです

20200512200911

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

基本形2の動画

 

3. フラム基本形3

3つ目に紹介する基本形は8分音符8個のうち3つ目と7つ目をフラムにしてアクセントをつけます。

 

楽譜はこちらです

20200512200915

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

基本形3の動画

 

4. フラム基本形4

4つ目に紹介する基本形は8分音符8個のうち4つ目と8つ目をフラムにしてアクセントをつけます。

 

楽譜はこちらです

20200512200920

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

基本形4の動画

 

フラム奏法4つの応用編

 

次に4つの基本形を発展させた、フラム奏法4つの応用編を紹介します。

 

5. フラム応用編1

まず1つ目に紹介する応用編は8分音符8個のうち1つ目と6つ目をフラムにしてアクセントをつけます。

 

楽譜はこちらです

20200512200924

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

応用編1の動画

 

6. フラム応用編2

2つ目に紹介する応用編は8分音符8個のうち3つ目と6つ目をフラムにしてアクセントをつけます。

 

楽譜はこちらです

20200512200928

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

応用編2の動画

 

7. フラム応用編3

3つ目に紹介する応用編は8分音符8個のうち1つ目と4つ目をフラムにしてアクセントをつけます。

 

楽譜はこちらです

20200512200933

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

応用編3の動画

 

8. フラム応用編4

4つ目に紹介する応用編は8分音符8個のうち2つ目と5つ目をフラムにしてアクセントをつけます。

 

楽譜はこちらです

20200512200937

R=右手主音、L=左手主音、r=右手装飾音、l=左手装飾音、>=アクセント

 

動画にもしましたので参考にしてください

応用編4の動画

 

まとめ

フラムの基本形と応用編はいかがでしたか?

 

主音と装飾音の間隔は特に決まっていませんので曲のテンポや曲想によって変えます。

いろいろと試して研究してみましょう。

 

また、基本は装飾音を小さく主音を大きく叩きますが、場面によっては多々例外もあります。

特にロックやラテン音楽などでは、装飾音と主音の両方にアクセントをつけて(大きく叩いて)強調することもよくあります。

いろいろな音源を聴いて研究してみてください。

 

何の変哲もない音にも装飾音をつけたりしてほんの少し工夫することでハイセンスな音に変えることができることがわかったと思います。

ぜひチャレンジしてみましょう。

 

次回第2回はフラム奏法をフィルインで使う実戦編です、お楽しみに。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。