手足のコンビネーション練習[8分音符] 第3回目(全3回)/エイトビート&フィルイン編その2

8beat

ドラムの演奏で手足のコンビネーションは大切です。

手足を自由自在に操れるようになることはドラム上達に欠かせないテクニックです。

手足のコンビネーションを8分音符で演奏する練習方法を3回に分けて紹介します。

今回はその3回目です。

第1回目は手足のコンビネーションの6つのパターンを紹介しました。

第1回目の記事はこちらです

 

第2回目はその6つのパターンをエイトビートのフィルインに使うやり方を紹介しました。

今回も第2回目に引き続いて6つのパターンをエイトビートのフィルインに使うやり

方を紹介します。

手足のコンビネーション6つのパターン

まず第1回目で紹介した6つのパターンを復習しておきましょう。

手足のコンビネーション6つのパターンとはこれです

1.  「右足 (ベースドラム)・手・手・手」の8分音符4つの2拍パターン

パターン1

R = 右手(Right Hand)、L =左手(Left Hand)、F = 右足(ベースドラム)

2.  「手・右足 (ベースドラム)・手・手」の8分音符4つの2拍パターン

パターン2

R = 右手(Right Hand)、L =左手(Left Hand)、F = 右足(ベースドラム)

3.  「手・手・右足 (ベースドラム)・手」の8分音符4つの2拍パターン

パターン3

R = 右手(Right Hand)、L =左手(Left Hand)、F = 右足(ベースドラム)

4.  「手・手・手・右足 (ベースドラム)」の8分音符4つの2拍パターン

パターン4

R = 右手(Right Hand)、L =左手(Left Hand)、F = 右足(ベースドラム)

 5.   手・右足 ・手・右足 」の8分音符4つの2拍パターン

パターン5

R = 右手(Right Hand)、L =左手(Left Hand)、F = 右足(ベースドラム)

6.  「右足 ・手・右足・手」の8分音符4つの2拍パターン

パターン6

R = 右手(Right Hand)、L =左手(Left Hand)、F = 右足(ベースドラム)

補足説明
補足① フィルイン

これから紹介するパータンにフィルインが出て来ます。
フィルイン( Fill-in )とは曲の区切り目に即興的にフレーズを演奏することで、直訳すると「埋める」となりますがドラム用語的に日本語で「おかず」と言われています。

曲調の変わり目などに入れて曲を装飾します。

今回の7つのパターンでは、最後の小節にフィルインを入れていますので参考にしてください。

補足②記譜法

記譜法とは楽譜のどの五線の場所何の楽器が書いてあるかというルールというか決まりごとのことです。

今回の楽譜の記譜法はこちらです。

記譜法
補足③クラッシュシンバルを入れる

パターンの最初とフィルインの後に必ずクラッシュシンバルを入れます。

クラッシュシンバルを入れるやり方はこちらの記事を参考にどうぞ

  エイトビートのフィルインに組み込む

今回も第2回目に引き続いてこの6つのパターンをエイトビートのフィルインに組み込むやり方について紹介します。

このパターンは2拍でひとかたまりのパターンです。

このパターンを2回使って4拍にしてもいいのですが、このパターンを2拍と違うパターンを2拍とを合わせた4拍のフィルインにしてみました。

この第3回目は前半2拍が違うパターンで後半の2拍を上記のパターンにしてあります。

基本形はベースドラムとスネアドラムでのコンビネーションでしたが、今回はスネアドラムの部分をタムタムとスネアドラムに振り分けたフレーズにしてみました。

要領がわかってきたら自分なりのフィルインを作って楽しんでみましょう!

1.  パターン1をフィルインに使ったエイトビート

1つ目のパターンを使ったフィルインはこちらです

パターン1を使ったフィルイン

動画にもしましたので参考にどうぞ

2.  パターン2をフィルインに使ったエイトビート

2つ目のパターンを使ったフィルインはこちらです

パターン2を使ったフィルイン

動画にもしましたので参考にどうぞ

3.  パターン3をフィルインに使ったエイトビート

3つ目のパターンを使ったフィルインはこちらです

パターン3を使ったフィルイン

動画にもしましたので参考にどうぞ

4.  パターン4フィルインに使ったエイトビート

4つ目のパターンを使ったフィルインはこちらです

パターン4を使ったフィルイン

動画にもしましたので参考にどうぞ

5.  パターン5をフィルインに使ったエイトビート

5つ目のパターンを使ったフィルインはこちらです

パターン5を使ったフィルイン

動画にもしましたので参考にどうぞ

6.  パターン6をフィルインに使ったエイトビート

6つ目のパターンを使った<フィルインはこちらです

パターン6を使ったフィルイン

動画にもしましたので参考にどうぞ

まとめ

手足のコンビネーション練習の第3回目はいかがでしたか?

スネアドラムやタムタムを叩くだけでなく、合間にベースドラムを絡ませることで少し雰囲気の変わった複雑なフレーズに聞こえますね。

いろいろなコンビネーションを組み合わせて自分だけのオリジナルのフレーズ作りにもぜひ挑戦してみましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました!